母乳不足

母乳は血液から作られていますので、必要な食事としては、血液を作るようなものだということが分かるかと思います。血液を作るためには、水分や鉄分を豊富に取ることが大切です。また、授乳期にはお母さんもかなりの栄養が必要で、1日で2500キロカロリーも消費することになり、たんぱく質は80g、鉄分は20mgも摂取しなければ、安定して授乳を続けることはできません。

それらの栄養素が必要になりますが、おすすめの食品をご紹介しましょう。まず、水についてです。血液も母乳も水分ですから、水が無ければ作ることができません。しかし、最近では水分補給を十分にしないお母さんも多いようです。おすすめの飲み物としては、青汁や甘酒です。これらは授乳期に必要な栄養もカバーすることが可能ですが、ちょっと飲みづらいのがネックです。そこで、水分補給にだけ着目するのであれば、ハーブティーがおすすめです。さらに、ハーブティーの中には母乳サポートハーブが配合されているものもありますので、そちらもおすすめです。

鉄分などは、ほうれん草や小松菜、肉、レバーがおすすめです。また、カルシウムやたんぱく質は牛乳や卵から補給をするのがベストです。ただ、赤ちゃんにもアレルギーがある可能性がありますので、たくさん取り過ぎないように注意しましょう。